かんたんにできる早漏対策入門ブログ

現代男性社会における夜の生活習慣病とも呼ばれている早漏を克服しませんか? - 早漏対策には何をすればいいの?

早漏対策には何をすればいいの?

早漏、というものはある種男性にとっては些細なことでありながらも大きな悩みの種になります。

女性に何か責められなくても、やっぱり女性より先にイッてしまうというのは何となく男性にとって情けないことのような風に感じてしまうものですからね。

しかし、早漏対策の手段などが最近はたくさん増えて来まして色々と手段を行使することで幾らでもやりようはあるのです。

まず、一番簡単な手段としてあげられるのはほろ酔いになる程度のお酒を飲むということですね。

人間はアルコールを摂取すると、性的な刺激が多少鈍りますので射精までの時間が長くなったりするのです。

ただ、セックスは激しい運動を伴うことですのでお酒の周りも早くあまり飲みすぎると今度は酔っ払いすぎてセックスどころではなくなってしまうこともあるので量は少なめを意識しましょう。

そして、ほかにもバイアグラなどの薬を服用するという手段があります。

これは、早漏自体に効くわけではないのですが射精しても勃起を継続することが出来るので結果的にはセックスを続けられるという意味ではこれも対策になっているでしょう。

一番大切なのは、何とかしてみようと前向きに早漏と向かいあう姿勢だということなのです。

早漏予防のためには、セックスの前にお酒を飲むといいとよく言います。

これはお酒によって感覚が麻痺することによりペニスが感じる刺激が鈍くなり、結果射精が遅くなるという理由です。

多少のお酒なら効果はあるかもしれませんが、飲み過ぎると今度はペニスが役に立たないという事態にもなりかねません。

また一時的には改善されるかもしれませんが、決して治療という範疇には値しません。

早漏対策として本格的な治療に、ヒアルロン酸を注入するという方法があります。

これはヒアルロン酸を亀頭のカリ部分に注入する手術で、挿入時の刺激に強くなることで早漏が改善されるというものです。

安全性は高く、局部麻酔で5分から10分程度あれば終わってしまう簡単な手術です。

費用は注入するヒアルロン酸の量によって異なりますが、大体7万円程度が必要で保険の適応外です。

このように手術といった本格的なものもいいでしょうが、やはり手軽に改善するなら早漏防止トレーニングをお勧めします。

しかしその前に、本当に自分は早漏なのかを冷静に判断する必要があるでしょう。

自分は早漏だと思い込んでいる人の中でも、実際に早漏であるケースはさほど多くはないといわれています。

それよりも、自分が早漏だと思い込むことで実際に早漏になってしまったり、勃起障害になってしまう人も珍しくないのです。

あまり気にし過ぎないこと、これが早漏対策の一つでもあるでしょう。